2013 / 09
≪ 2013 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2013 / 10 ≫

フラメンバーからメール受信
  




ビックリΣ( ̄ロ ̄lll)しました!



なんと!
家の一番上の階段から、回転して落ちた!・・・


なぜか!
両足の中指から小指3本ずつ、計6本骨折した!・・・







もう!ビックリです!
まばたきもせずメールを読みました。。。


そしてメールの最後のしめは・・・






発表会(ステージ)まであと2週間あるので、復活します




というメール・・・






このメールを読み終えて、すぐさま電話しました。




・・・出るなり、笑ってました。彼女( *´艸`)
彼女いわく「カホロとか、カオはできるけどウエヘがちょっとねぇ」と。







そしてその約30分後、再度メール受信!画像つき
  (なんとなく想像できる)!



~お見舞いの電話?ありがとう(笑)
  こんな感じの足です~






という言葉についてきた画像は案の定!


attachment000003_convert_20130921213517.jpg





細身の彼女の足がでかっ( ゚ロ゚)








・・・
と、いうことで、ワタシ、彼女に特別のレイ(フラの飾り)
作ってあげようかな




”只今、私の足の指、6本骨折中!
 ですが!ガンバッテま~す








・・・って電話で笑ったケド・・・







(私達は私達らしく、私達にしかできないこと!)
こんな時こそ、彼女の分もちからを合わせてのりきるよ~


ちなみに彼女はマヒナクラスのピエールR子ですよ
全メンバーのみなさん!よろしくです







。。。

人一倍練習してガンバル彼女・・・
踊りは大丈夫だから、あまり無理せずにね(´▽`*)





そして、くれぐれも階段には”気をつけて”
で。「顔」は守るのよっ!



いい!みんなもよ!。。。











。。。
彼女の足・・・
ぱんぱんに腫れてむらさきいろじゃん・・・
だめだよ・・・その足・・・








スポンサーサイト





本気ではしゃぐその横には、悲しい恋の物語が・・・





IMGP6404_convert_20130605104515.jpg 


マウイ島、カアナパリのきれいなビーチで
ゆったりとリゾートをすごしている人達を横目に
はしゃぎまわるワタシ(´▽`*)








IMGP6406_convert_20130605104607.jpg


青い空・澄みきった広い海・しっとりとした砂浜・鮮やかな緑・そよぐ風・・・



散歩をしていたら!!!
 






IMGP6419_convert_20130605104729.jpg 


こんもりとした緑の生い茂る中、地面の下にもぐる様に咲いていた。
爪の先ぐらいしかない小さな花・・・ 




”えっ!”。。。”あ!。。。”うそっ!。。。
声にならない声が・・・



「なう・・・ぱ・・・か」!






・・・
神話の中での物語を思い出しました。
ほんとうに半分の花びら、半分の形でした。




神話の世界だけだと思っていたのに、目の前にしている・・・





こんなこともとても癒される瞬間でした










どこの国にも神話・伝説・民話・・・などがある

ハワイにもたくさんの神話や伝説があり、
フラをする上では、そんなあれこれの神話を知ることも
必要不可欠であったりする。


フラやハワイの歴史や神話・・・
その中から、今日はひとつのお話を・・・



「ナウパカ伝説」

1枚の花を半分にしたような半円形の花がある。


海辺に咲く”海のナウパカ”、
そして山に咲く”山のナウパカ”と、二種類にわけられる。



身分の違う愛し合う二人がひきさかれ、離ればなれに・・・
嘆き悲しんだ若者は山で、娘は海で命をおとします。


また、怒りに狂ったペレ(火の女神)が
若者を海へ、女性を山へと引き離す・・・


(など所説はいろいろですが)いずれにしても


海に咲くナウパカを「ビーチナウパカ」
山に咲くナウパカを「マウンテンナウパカ」と呼びます。



山と海に咲くナウパカをそれぞれ見ることは
とても大変だ・・・ともいわれています。
 (ですが、海のナウパカはわりと見つけやすいです)



ビーチナウパカ、マウンテンナウパカ
それぞれの「ナウパカ」を結ばせると恋が実るといわれています。
しかし、うれし涙で”雨"を降らすとも言われています。







・・・
こんな神話を昔聞いたことがあって、
なんてすてきな話しだろう!・・・なんて思っていた

(悲しい恋の物語だとも思わずに)・・・





そして、神話をこの目で確認する時が!