2014 / 11
≪ 2014 / 10 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2014 / 12 ≫

・・・

今日もまた3人のメンバーがステージデビューいたしました。
(きっとドキドキでまっしろ状態だったと思うけど)


笑顔と大きな声でドキドキをふっとばしていたようでした。




日々の練習、リハーサル、そして本番と
無事終了することができ、ホッと一段落かな(*'▽')



またゆっくりと楽しめますように(*'▽')



10.png



今日は一日おつかれさまでした(*'▽')















▼read more

スポンサーサイト



・・・

その日はハワイアンのコンサート♪



jtFQBEjkc0QBmwa1416888195_1416888205.png 



オープン!と同時に、クアナトレスが、きれいな声でお出迎え~♪
よく聴くメロディーがゆるゆると流れていきます


ナタリーの歌声もちろん!
そしてその美しさ☆お嬢様の美しさ☆
ん、もう、うっとりでございます


「アロハ ハワイ クウ オネ ハナウ」を聴いた時は
心臓も呼吸も止まりそうでした



ウェルドンからは、あったかさを感じました。
ハワイでライブを聞くなら、私はウェルドンかも!と
私なりの大きな発見でした。



エイミーハナイアリイはスローしっとり、
そしてアップはしっかりとパンチのある
使い分けがすごいと感じました。



ケアリイの育った島。
マウイ島の歌「コアリ」も嬉しく口ずさみました(*'▽')♪




TnPjGEDCXWqRm6x1416895774_1416895782.png 


ジョイントでは・・・

クアナとダレンのコラボ♪

クアナのギターでケアリイが「エピリマイ」を歌う
そして同じくナタリーも歌う

琴奏者とのコラボで「ワイカフリ」



bf6kmvwUdeX7oaD1416894742_1416894752.png 


そして!なんと、カヒコでは

伝統のカヒコ。ケクヒのチャントで、なんとケアリイが踊る。
そしてケアリイのパフドラムで、ケクヒが踊る。




tWr8S0cuB5AiLPK1416895203_1416895211.png 


キターーーーーっ!!!


きたよ!きたよ!きましたよっ!

会場もどよめいてますよ!


そうです!あのマークケアリイホオマル
アカデミー・オブ・ハワイアン・アーツのカネ達のフラ



そして、ステージはまだまだ続きます♪


BG1eAItuO7Y1Brq1416896445_1416896453.png 


ウェルドンたちの演奏で
なんと男性クムフラたちがアウアナを踊る


クアナも、マークも、イオラニも、ダレンも
AHAのカネ達も・・・


なんか伝説の今は亡き、ダリル・ルペヌイ率いる
「サ・メン・オブ・ワイマープナ」を彷彿させるような
蘇るようなフラでした





それでもまだまだステージは終わりません!

uqqmVySrALkzclW1416896988_1416896997.png 



カヒコだけしか踊らない!という伝統のカヒコのケクヒが
カヒコじゃなくノリノリのダンス(笑)



会場も立ち上がって手拍子やダンス♪




・・・

そんな楽しい♪楽しい♪内容の濃い、素晴らしいステージ。

始まりから終了まで、なんと5時間弱にも及ぶ
超ハッピーなステージ。


※本当はね・・・

こういうステージは、ビデオ、写真、録音等、一切禁止です。

黒服にサングラス、ヘッドマイクという「ハンター」みたいな
ガードマンたちが、会場をチェックしていたりします。

この日も最初のうちは、
みなさんルールを守りきちんと見ておりました。

ですが、後半からあちらこちらでカメラが・・・

最後の頃は・・・


な、感じで、私も今回はカメラマンつき(笑)の旅でしたので
私は100%ステージに集中し、あとはカメラマンにまかせて(^^;






eDIiA_u17dtXTWI1416902022_1416902067.png 





そして、背中に書いていただきました

マーク・ケアリイ・ホオマル



そして、興奮冷めやらぬ中、ゆっくりと外に出たら
今度はなんと!なんとしたことか、目の前に、バス!
そして振り返ったら、車も・・・


すでに人のひけたあとだったものだから、
その状況にもかかわらず20人ぐらいしか人がいない。


車の中には、まさかのケアリイレイシェル!



zElZmY3Cy0HnaHa1416901391_1416901481.jpg 

右下、真っ暗な画像ですが、その車の中にケアリイがいます






・・・



その日の出来事も、私には思いも吸収することもいっぱいで
私の容量にはぜんぜん追いつきません。

少しずつ整理してしっかりと刻みたいと思います。