2016 / 11
≪ 2016 / 10 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2016 / 12 ≫

日ざしはあっても風が冷たい、この季節。
恒例の神社の秋の祭礼の時期。


こちらでの「フラ」・・・
もう何回させていただいたのだろう。


・・・思い返してみたら、8回だった。




今回もいつものように瞬時に気持ちを切り替え
物語に集中する。


3~5分、みじんたりとも気をそらさずにね。





♪夢は今もめぐりて・・・
 私は何をつたえられるだろうか・・・♪





踊り始めてまもなく!


dFSpUoEo6UjGvtN1478150320_1478150336.jpg

舞台へ置いていただきました。


もうすでに胸がぐっときてしまいます。



秋の冷たい風の吹く日で、
舞台を見ている人たちはみんな肩をすぼめています。
縁日で並んだお店や、食べ物のコーナーには
人が行ったり来たりしています。





周りがどんな状況であろうと、私は物語に集中です。
これもいつものように♪




やがて、あたりが一瞬ぴったりと止まりました。
寒そうにしていた皆さんもなぜか止まっています。


私もいつもより皆さんの姿がよく感じとれます。


すごくひとつになったような瞬間でした。



・・・

何千人の前で踊ったことも、
野外で気持ちよく踊ることも、
手拍子の中、賑やかに踊ることも、
冷たい雪の中で踊ったことも、
ハワイの空気の中で踊ったことも、

いろいろあってどれもこれも思い出だけど、




最近思います・・・





あまり興味がないのか、心がないのか
よくわからないけれど、


しらっとして見ている、大勢の人の前で踊るより
たとえ数人でも、あたたかく見てくれる人に伝えたいな・・・と。




・・・

ずっと前に母から言われました。


たとえば、数人しか見ていなくても
その中にたった一人でも「フラ」を知っている人が
見ているかもしれない。


その人は、厳しい目で見ているんだよ。


何百人でも数人でも
いつでもきちんと踊らないとだめだね。


・・・とか、





なんか・・・
みんな・・・

・・・偉くなっちゃうんだよね・・・長くなると・・・


と、ふっともらした言葉を私は聞き逃しませんでした。





私は、数人の前でもきちんと踊るし
長くなっても、偉くならない・・・と、
あらためて思ったのでした。



と!思えるのも!

歳をとってま~るくなったからだけど(*´з`)






・・・

神聖な場所での舞は、
ふといろいろなことを考えさせられるのでした。


普段は『ヘ~ィ!』とか言いながらフラってるけどね(^^;



フラへの思いも、都度変化します。
















スポンサーサイト