FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

・・・
「っていうか、
 そんな感じのできたらすてきだろうね」


という、友達とのたわいのないおしゃべり



きっかけはそれがはじまりだった。




小さい頃はいつも一緒だった友達でも、
さすがにこの歳になれば、会えない期間の方が長い。


それでも気心のしれた友達たちに
その話しが伝わり、返事を待つにはほんの数秒。
誰もが二つ返事の了解。



今では遠くに離れている友人たちでも
やろう!・・・と思う気持ちは同じだった。




「ピアノ」の得意な彼女が奏でる流れるような旋律


どこからその声がでるのだろうか、
情熱的に「オペラ」を表現する彼女。


そして子供の頃から揺れることが好きだった私は
結局は「舞う」ことを選んだ。


そして大事な「舞」を大切な友人たちと。



それぞれの大事なものを、
心ひとつにおりなすことができました。



何十年たっても、こうして素敵な友人たちと
こんなにすてきなことが実現できること。



あらためて、友達たちの取り組む姿に感激と感動で
私達、もうすでに興奮の涙を流して笑ったこと。



今回は同級生の幼なじみだけでお届けしてみます。


自慢の友人たちと、ささやかに、でも贅沢に
ゆったりと、和やかに、・・・



「つきあいで」も、「仕方なく」も、いりません。
ほんとうに聞いてみたく、ほんとうに見てみたく
ほんとうにリラックスしてみたく、
ちょっとだけ優雅な気分を味わってみたく
・・・
そんなふうにすごしたい人だけでいい・・・



私達の大事なものだからこそよけいにそう思います。



たまにそんなことを思ってみてもいいかな。。。って





・・・
「っていうか、そんな感じの『サロンコンサート』
 できたらすてきだろうね」



とふっと言って進んでみた『サロンコンサート』


・・・
まもなくです。。。☆




・・・
なんか、あったかい人で溢れそうな気がする















スポンサーサイト