2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫

パラパラっと本を読んだ。
(それは本屋さんで立ち読み程度の・・・)


「ポジティブな人とネガティブな人」の違いとか、
普段からよくありがちな意識だけれど、
まぁね、ざくっと読んで、ざっくり思ってみても
ま、多分おおよそ私は前者・・・かな



「好かれる人と嫌われる人」の違い・・・なんて
このぐらい生きてくれば自分でもある程度
わかることのあれこれかな・・・



「嫌われる勇気」も必要・・・って、
嫌われることに勇気をださなくても
人はキライ合う方が多分多いだろうから
だったら勇気は別なところで使おう!・・・と
私は思ったり




ざっくりとした立ち読みでもいろいろためになる!
(本当にみたかった本は旅の本だったのだけどね)(^^;




という前置きが長くなったけれど、
今日の日記は、またもゆる~っと思った「夢」のこと。





「夢」・・・


私が思う夢は、『Dream come true』
「夢は叶う」・・・が近いかな(´ー`)




確かに、夢はみるもの、とも思うけれど、
そして、みるだけはどんなにみても自由だけれど
手に入れられないばかりでもどうかと・・・



だから、小さい頃から多分私の夢は
現実になるように、手にいれられるように、
小さい夢が多かったかもしれない。


(なものだから、私の夢多すぎて(^^; 



そんなあれこれの中で思い出すこと・・・





例えば!


『裸足で溶岩の大地に立つ』


それは、ハワイ島キラウエアの、溶岩で踏み固められた大地に
裸足で立つんだ!と思い、いざハワイ島へ!
真っ黒の大地を目の前に鳥肌がたったこと。
実際に立ち「アツさ」を感じられたこと。





『イアオ渓谷を望む』


上から流れ落ちる滝のきれいな水を飲む・・・
という歌詞があり、その光景を見たくてマウイ島へ飛ぶ。
早朝まだだれもいない渓谷をひとり占めして
思いにひたったこと。





『ワイメアキャニオンの前に立つ』


カウアイ島のワイメアキャニオンの大パノラマを目の前にして
まばたきもおしみ息をのんで眺めたこと。





『マノアの森に棲む女神に会いたい』


そう思って、
泥だらけになりながら森の中へつき進んで行ったこと。





『私、人魚になる』


それは、イルカに会いたい!
そして、海でイルカと一緒に泳ぎたい!
ワタシ、人魚になるんだ!・・・(笑)
と、心に決めて海に飛び込んだこと。





・・・

なふうに、今までたくさんの夢を持って
でも、みるだけではもの足りず、叶えたいと願い
そしてできる範囲で手に入れられた気がする。




夢を持たなくなってきたら老いの証拠ともいわれるが、
とはいえ、老いてくることも現実で
それはそれできちんと受け止めなくてはならない。
とも、私は思っている。


それは十分理解したうえで、
そんな日々の中でも、まだ私、もう少し、夢がある。
(「夢」というには、少し違う気もするが)・・・





今、日々している「フラ」。
極めるにはまだまだ修行も足りず、
かといってどこがゴールかもわからず、
飽きるわけではないが、深くなりすぎて
ふと気づいたら大事なものを失う・・・


そんなこともなくもない。



何かを手に入れるには、
何かを手放さなくてはならないこともあるかもしれないし・・・



飽きず、見失わず、
ほどほどの範囲でいければと思うものだ。




日々と共に、時代と共に、年齢と共に
フラに対する意識や思いも変化していく。


ステップや振りを練習するように
笑顔ができなければ、笑顔も練習のひとつ。

完成度高いフラを求めるのには
笑顔も必須条件のひとつ。



とも十分わかっているけれど、現実の生活が現実すぎて、
笑顔の気分でもないのに、一層の笑顔で踊られることに
見ても、もう響かなくなっている現実もある。



だからこそ今は、ほんとうに楽しいこと。
ほんとうに楽しく踊られるだけのフラ。


仲間たちと、ただただ楽しく揺れていられるだけで
ほんと十分・・・と思うようになってきた。




昔、ハワイの楽器職人さんから
フラで使用する楽器をいただいた時に言われたことば。
「この楽器大事にしてね。
 でも、一番愛するのは家族、これは二番目だよ」



そう言われたことは今でもはっきり覚えている。



「フラ」は二番目以降・・・
それでよかったと今は思えている。






そう・・・
なんでもほどほどに。
自分の身の丈にあった範囲の中で、
自分が老いていく現実も、きちんと受け止めながら、
「楽しい」と思えることだけを・・・したいものだ。




今日は丸ごと一日お休み日。
何の予定もなく、掃除・洗濯・ごはんの用意なんかも
しなければしなくてもすむような( *´艸`)
そんな一日だったので、ありがたくなにもしない!



朝からアイスコーヒー飲んで音楽聞いて、ウクレレならして、
またアイスコーヒー飲んでちょっとミシンして、
そしてここでのんびりとポチポチしてる(;´∀`)



思いつきでのんびりだらっと書いた今日の日記。



夕方は走ってこようかな!


な~んてね・・・(ただ言ってみただけ)( *´艸`)







さてと。


毎日毎日前に向かって少しずつまた進んでいこうっと(*'▽')
今は楽しいことだけを選んでね(*'▽')






で。


次の私のちっちゃい目標は~☆


iPU9BUBy0H5Nn9A1496105135_1496105688.jpg 



どうしよっかな~~~(*´▽`*)












先日のGW期間中、ちらっとお出かけ。
(行先は近場の仙台ですが)(^^;


ふらっとショッピング(*'▽')
せっかくなので、服やくつ、小物など購入~♪


zxdO6tQjykGcEKw1494323652_1494324362.jpg 

春だからパステルは古い!
今年は春からビビットで!という文句につられ~、つい(^^;


金銀キラキラからビビット系と・・・
(春に買い使用済みのものも含め)
ま、とりあえず、今年の夏はまにあうかな(*'▽')



・・・
といっても、結局は『るんるんサンダル』が
一番活躍するんだけどね(;´∀`)











我が家の大掃除は「春」
まさしく今がその時期です。


日ざしが緩んできて、そよ風が吹いてきて
(花粉!とか、ちょっと気になるけど)・・・


窓をだだっと開けて、
ありとあらゆるものを引きずりだす。


大きいゴミ袋にいくつも断捨離。
『断捨離』・・・
私には結構勇気がいるのですが~
その点娘は思いっきりがよろしく、どばどばとね(^^;



そんな中での大掃除第一弾の、娘からの収穫!
(キレイ系、がらくた小物~♪)

qxqzOrMoU75hLVN1490282243_1490282282.jpg 




といったくだりからの~本題



今、私の日課のひとつ!『マッサージ』


これは日課の中でもポイント最大で
お風呂上りに約1時間近く、ものすごい集中力。


これをするようになって約一年。。。


始めた頃はしぶしぶやっていたのに
今ではこれが一日の〆の楽しみのひとつとなるほど☆



(ま、正直言えば、『ダイエット』のために始めた
 マッサージだったわけだけど・・・)

一年前までは、ひどすぎて病院になだれ込むほど
それほどひどかった肩こりや首の痛みが、
今、全くといっていいほどない。

そしてしかも
ふ!と気づいたら、肩こりや首の痛みで
約一年、全然病院に行かずにすんでいる・・・


そうとうカラダに良かったんだと、身をもって経験し
毎日こつこつとやったからこそ、効き目「大」
今、自信を持って言えるな。
マッサージが体にいいってこと。



と、言うことで、
毎日全身にクリームやオイルつけてもみもみするから
だいぶクリーム系消費するのでございます(^^;

jliDKn3BZaofVfv1489137724_1489137788.jpg
         (これはいつも使っているクリームあれこれ)




なので、今回の『春の大掃除』につき
娘にしたら『がらくた小物たち』が、
私にしたら『超貴重なキレイグッズ』と化して
またこれからもせっせせっせと磨きに入ります。


並べて次から次へとマッサージ~♪


今、部屋と私から、むせるほどいい香りがしています。
『ハワイ』から『フランス』から『アメリカ」から
そして『日本』から『韓国』とごちゃごちゃのコスメたち。



ん、ゲホっ(。-`ω-)



ちょっと調子にのってつけすぎました"(-""-)"





今回のコンサート♪最終章
『星屑からのひとりごと』


幼なじみの同級生とその家族だけで
とにかくあったかい、どこにもない
コンサートを届けたい・・・


それが今回の全員の思いだった。


普段から、ピアノでも、オペラでも、フラでも、
華やかなで緊張するような
発表会やステージをする機会の多い私達は、
多くの方々に協力していただくことが
あたりまえのようになっていた。


だからこそ今回は自分たちだけで
誰の力も借りず、誰の助けも借りず
見栄もプライドも捨て、肩肘張らず、背伸びもせず
自分たちの大事なものを素直に心から伝えよう。


ステージもお手伝いもすべて、同級生とその家族だけ、
あえてそう決めて臨みました。


「つきあいで」も「しがらみ」も「仕方なく」もいらない。
「ありきたりな華やかしさ」もいらない

ありきたりじゃなく、超贅沢で超優雅な大人の遊びを
ただただ「あったかく楽しむ」だけ・・・


全員そう思い進んでいった。


だからこそきっと和やかな、願ったとおりに
無事終えることができたことに
きっと誰もが満喫できたのだと思う。


そして、今回は人数勝負ではなく、5人。
ひとりひとりが大事な役目だったから
誰ひとりが欠けても、このプログラムをこなすことはできず
なおさらのこと、「無事」たどりつけたことに
安堵感があったのかもしれない。


何十年たっても、こうして幼なじみと
こんなに素敵な出来事をすることができることに
本当に幸せでありがたいと思う。


友人とはいえ、表舞台で活躍する腕前はすごすぎて
私がいうのもナンだけれど、本当だから仕方ない。


でも、「素」になれば、あったかい家族にも恵まれ、
このコンサートのために遠く離れた土地から
かけつけてくれたり、急遽海外からかけつけてくれたりと、
あったかさこの上ない。


コンサートでは、感動で涙を流し、
打ち上げでは、笑いで涙を流し、
つけたまつげはうっとうしくはずす・・・という
「舞台と舞台裏」のギャップがすごすぎるなんとも・・・

(小さい頃お嬢ちゃまだった子供たちも
 何十年の時を経て、今では誰もが、
 だいぶたくましく成長したもんですな全員(;´∀`)




何度思い返しても、自慢の幼なじみたちと
たてまえ抜きの「あったかさ」だけの饗宴ができ
大事な方たちにお届けできたことに
いまもひたっている。




。。。

あったかい空間を一緒にすごすことができ
今回のコンサートにいらしてくださった方々

同級生と親しい関係のお友達たち。


私達の体を花でかこみ、あたりにいい香りを
漂わせてくれた花々たち。

この日のために、生花でレイを編んでくれた
フラメンバーちゃん。

あふれるほどのお花や、お菓子や、メッセージを
届けてくれたみなさま。

そして、幼なじみたちと、その家族のみんな・・・



お礼の気持ちをうまく伝えることは
そうとうむずかしいです。


でも、あったかいコンサートができたことを
あったかい思いで心から感謝したいと思います。


このページをお借りして
星屑たちを代表して感謝の気持ちをお伝えします。





◆出席番号1番・『オペラ担当』♪

EpK1tYVkOPRmEEQ1487568912_1487568946.jpg 






◆出席番号2番・『ピアノ担当』♪

ItkFz1C5iXR0CRC1487568980_1487568990.jpg 





◆出席番号3番・『フラ担当』♪

6NXVnBw9hs_ehKW1487569137_1487569148.jpg 





◆出席番号4番・『フラ担当』♪

WRIkUvkK_TOwc0d1487569017_1487569026.jpg 





◆出席番号5番・『フラ担当」♪

4C2w__hamcHtcUw1487569098_1487569107.jpg 






◆コンサートの星屑たち

XnQrgt4Y77TvAIU1487568730_1487568740.jpg 




EWwGc261N1DWoEI1487568813_1487568836.jpg 



1HGwdBKdxweboSg1487569429_1487570255.jpg 




。。。以上、星屑からのひとりごとでした。



See you around!




ありがとうございました!




無事無事終了~!大成功~!
幼なじみの同級生たちだけで臨んだコンサート

そんなある日の出来事『星空コンサート』


(いろいろ整理しきれないので)・・・
これから思いは少しずつ書いていきます。





まずは(ボケボケな)画像であしからず・・・


VgtiP3VktW_VXT_1485505995_1485506092.jpg 



jL6E5NOM5PVWNhu1487570291_1487570300.jpg 








『プログラム』より


日本歌曲  「からたちの花」

からたち 








◆ピアノ連弾
    ドリー組曲より フォーレ作曲
       「子守歌」「ミ・ア・ウー」 

    ザッツ・クラシック 吉田洋編曲
       「ドラマティック・メドレー」

連弾 









◆オペラ 歌劇「ドン・ジョバンニ」より モーツァルト作曲
      「ひどい!どれほどあなたを愛しているか」

ジョバンニ 








◆古典フラ・カヒコ「Kawika」(カヴィカ)

カヴィカ 







◆音と舞 「見上げてごらん夜の星を

見上げて 







◆オペラ 歌劇「トスカ」より  プッチーニ作曲
        「歌に生き 恋に生き」

トスカ 







◆古関裕而曲 「鐘の鳴る丘」(皆さんで歌いましょう!)

鐘の 







◆現代フラ・アウアナ「Pualililehua」(プアリリレフア)

プアリリレフア 







◆歌と舞 「Ku'u pua i Paoakalani」(クウプアイパオアカラニ)

パオアカラニ 







◆歌と舞 「花は咲く」(皆さんで歌い踊りましょう!)

花は咲く 








◆ カーテンコール 「ふるさと」

ふるさと






。。。
以上でプログラム無事終了。
その後の思いもしていなかった、予定もしていなかった
「アンコ~~~ル」に、全員あたふた(゜o゜)


どうしましょ!どーーーしましょ!・・・で。


(今までの優雅で贅沢な空間から一転。
 大きく深呼吸をして、行くっきゃない!)


お笑い劇場と化し、喜劇ライブとなりました。
またひとつ、成長させていただきました(^^;




。。。
感想・思い・もろもろは次ページで書きますね。
スライドと一緒にお楽しみくださいね




まずは~(*´▽`*)






































・・・
「っていうか、
 そんな感じのできたらすてきだろうね」


という、友達とのたわいのないおしゃべり



きっかけはそれがはじまりだった。




小さい頃はいつも一緒だった友達でも、
さすがにこの歳になれば、会えない期間の方が長い。


それでも気心のしれた友達たちに
その話しが伝わり、返事を待つにはほんの数秒。
誰もが二つ返事の了解。



今では遠くに離れている友人たちでも
やろう!・・・と思う気持ちは同じだった。




「ピアノ」の得意な彼女が奏でる流れるような旋律


どこからその声がでるのだろうか、
情熱的に「オペラ」を表現する彼女。


そして子供の頃から揺れることが好きだった私は
結局は「舞う」ことを選んだ。


そして大事な「舞」を大切な友人たちと。



それぞれの大事なものを、
心ひとつにおりなすことができました。



何十年たっても、こうして素敵な友人たちと
こんなにすてきなことが実現できること。



あらためて、友達たちの取り組む姿に感激と感動で
私達、もうすでに興奮の涙を流して笑ったこと。



今回は同級生の幼なじみだけでお届けしてみます。


自慢の友人たちと、ささやかに、でも贅沢に
ゆったりと、和やかに、・・・



「つきあいで」も、「仕方なく」も、いりません。
ほんとうに聞いてみたく、ほんとうに見てみたく
ほんとうにリラックスしてみたく、
ちょっとだけ優雅な気分を味わってみたく
・・・
そんなふうにすごしたい人だけでいい・・・



私達の大事なものだからこそよけいにそう思います。



たまにそんなことを思ってみてもいいかな。。。って





・・・
「っていうか、そんな感じの『サロンコンサート』
 できたらすてきだろうね」



とふっと言って進んでみた『サロンコンサート』


・・・
まもなくです。。。☆




・・・
なんか、あったかい人で溢れそうな気がする
















ちなみに・・・
私がフラをはじめて、


一番最初に習った曲は『パーリーシェル』

一番最初に習ったカヒコは『リリウエ』


はじめて人前で踊ったアウアナは『ハナ』

はじめて人前で踊ったカヒコは『カヴィカ』


そんな昔があっての今、なのだけれど。



はじめの頃のレッスン曲は、ただただ夢中で
ついていくのがやっと(~_~;)


(カホロ)などというステップの言葉すら何?
しかもその動きって何?という???な中、
歌の意味を毎回毎回しつこく言われ、
舌をかみそうな言葉に戸惑う毎日・・・


だからこそ、『リリウオカラニ』が
ハワイ王朝最後の女王だということも必然的に
覚えるようになってくるわけだ・・・


何度も言われたことに、今となっては感謝だな(´Д`)



その後、ハワイに行くことになるのだが・・・


その昔・・・
はじめてのハワイで私が絶対に行きたかった所は
だんとつ【ビショップ博物館】!!!


理由は、リリウオカラニやカラカウアなどの
王族のことを知りたかったから。


右も左も空気も何もかも知らなかった初めてのハワイで
自分でバスを乗り継ぎ、博物館にたどり着けたときの興奮は
それはそれはすごいものだった。
(今では目をつぶってでも行けるビショップでさえも)



歴代の王たちの説明や肖像画の前で
じっくりと目を見つめ、じっくりとたたずんだ。
時が止まっていた感覚も覚えている。




・・・

それから何年かたった今、
近々「リリウオカラニ」を踊る機会がある。


私はビショップでの思い、イオラニ宮殿や
女王像や肖像画、女王のガーデンや丘・・・など
目を閉じればしっかりと思い出すし
心に思いは刻んである。


ウルハイマーラマの丘に咲いていた
女王の愛した『クラウンフラワー』
そしてそのお花畑をとぶ蝶々たち・・・


女王の愛したハワイ、人々から愛された女王。

けれど、時代の流れの中で王朝が滅びる時がくる・・・


どんな一生だったのか
どんな思いで晩年を過ごしたのか
思うところは複雑だけれど、近々
『踊れる』という、素敵な機会に恵まれたので、
私なりに表現したいと思います。

私なりの「リリウ」・・・を。




・・・

女王の愛した花「クラウンフラワー」


yjimage[1]


花弁の真ん中に冠の形をした小さな花。
女王は薄紫色の花を好みました。
女王没後改良によって白色の花もできました。


レイ・・・
フレッシュも考えたけれど・・・
(一応)フェイクも注文してみました。


届いたレイの色は、やはり白。
薄紫色のレイはありませんでした。



だから、私!



レイ作業
(左が届いたレイ)(右が色をつけてみたもの)



じっくりと花を見て、忠実に色をつけてみました。
だって、女王が好きだったのは薄紫色だったから・・・




これからもっともっと他にもいろいろなこと。



思いに浸りたいと思います。





・・・踊る日まで・・・

















澄みきった冬の夜空に輝く無数の星たち。
私達はその中のほんのひとかけら・・・


ある夜、貴婦人に変身した星屑たちが
たった一晩の贅沢な出来事をおりなす。


音を奏で、歌声は夜空へ響く・・・
舞は情景と時代を語る・・・




VgtiP3VktW_VXT_1485505995_1485506092.jpg






寒い夜ですが・・・


心はあたたかく・・・



大人の贅沢な空間を・・・



ぜひ、あなたとすごしたい。




きっと素敵なひと時になることと・・・






今日は星屑からのひとりごと・・・☆










2016・・・
今年もまもなく終了という、月日の流れの早さを
しみじみと感じているところでございます。


年の暮れに、そして新年を目の前に向かえての
今、ほっと静かにコーヒータイム。


今までを振り返り、そしてこれからを考え
「今」思うこと、思ったこと・・・を
つれづれと書いていこうと思います。



ほんとうに
『心にうつりゆくよしなし事をそこはかとなく』
ただただ書いていこうと思います。





~フラ~

ほぼ毎日のフラ
今となっては日々の生活がこれでしめるといっても
過言ではないぐらいフラ中心の日々になっている。


私がフラと出会って約20年。
その後ハワイに行き、そこからフラとハワイに浸りました。


すでにフラをする母がいたため
フラをするきっかけも生活も、私にはスムーズでした。


その後、母の元を離れ、いろいろな人達と出会い
いろいろと出かけ、学び感じました。


5人程度で踊り始めたフラもそれから多くの人たちと出会い、
今では『大切な仲間たち』が私の周りにいてくれます。


娘世代を通り越して、孫世代まで、
わさわさと大家族になっています。




・・・



今までを振り返ってみると、
突っ走ることも、踏みとどまることも、失敗も、ラッキーも
いろいろありました。


ありがたかったのは、辛かったことや苦しかったことが
あまりなかったこと・・・


多分、それは私自身がフラの方向性を思った時、
楽な方を思い、大変をうまくすり抜けてきたからだと思います。


ものすごく素晴らしいもの!を手に入れるには
それ以上そのすごく大変なこと!もつきまとう。
それは自分も周りも・・・


ほどほどであれば、大変さもほどほどですむ。


ほどほどだからといって、適当なつもりではない。



フラを学び、ハワイも楽しみ
大切な仲間たちと『楽しんでフラをする』ことが
できたらそれでいいし、それがいい。


決して背伸びをせず、自分の身の丈にあったことを
思った結果、ほどほどがいいと思っただけのこと。



若かった頃、
突っ走りそうになった私を「ぐっ!」と止めてくれた母。


今思うと、当然の意見だったと思う。


そこで背中を押してくれた別の先生。



私が『一歩』踏み込んだのは、その先生の一言だったのだ。





・・・


月日の流れは早くって、レッスンもイベント事も
ゆるゆると。厳しく。慌ただしく。いろいろだ。


そんな毎日は勢いに流されて
忘れかけているような気持ちや状況が多々ある。



そんな時でも、
「感謝の気持ち」は、忘れないようにしている。
「初心を忘れない」気持ちもますます思うようにしている。




傲り高ぶることなく、謙虚な姿勢で・・・




今、ひとり静かに振り返り、これからを思い
ゆったりとすごしているとよけいに思います。



「来年の抱負」かぁ・・・って、なんかいろいろ思うけど、
そうだなぁ・・・



今、私の周りには一緒にフラる大切な仲間たちがいてくれるし
これからもみんなと楽しくフラできればいいかな
なんて、単純に思います。


レッスンも変わりなく、
イベント事は・・・
もうちょっと、ささやかに楽しんでいきたいね(笑)
アクシデントにビックリしない程度にね(笑)
 (これ、内輪ネタでスミマセン~(^^;



わたし、身の丈も知っているし、ほどほども知っているし、
その範囲の中でめいいっぱい仲間たちと楽しめれば・・・と。



そして、私の大切な仲間たちをきちんと
『守っていこう』・・・と思いました。







・・・


話は変わりますが、次に向けてのお楽しみ


来年早々に、学生時代からのお友達5人で
コンサートをします(´▽`*)♪


ピアノとオペラとフラのコラボレーションコンサート♪


それぞれの世界で活躍・活動するお友達。
仕事や結婚で遠く離れている友人たちだけど、
一同に会してのコラボステージ!


(ピアノ・オペラ・・・ 
 これ、マジですごいです(''◇'')・・・)



『日本歌曲・オペラ・連弾・フラ・・・』の
Luxuryな音と舞のコラボだよ。
(あ~。言いたいけど、もう少しもったいぶる。ごめんなさい)



今、みんなそれにむけて練習中デス(*'▽')♪





・・・


ということで、つれづれってみました。



今年も、もちろん今までもたくさんありがとうございました。


これからももちろん前向きに進みます。


傲り高ぶりません。


感謝の気持ちと初心を忘れません。


(何度も言いますが)
あまりアクシデントがないような(笑)
ささやかな楽しみ方をめいいっぱいしたいと思います。




今年もたくさんの皆さま方とおつきあいさせていただきました。
たくさんお世話になりました!大変ありがとうございました!



またこれからも
大切な仲間たちと家族、そしてワタシも(*´▽`*)




よろしくお願いいたしますっ!(礼)




それではみなさま!よいお年を
おむかえくださいませ(´▽`*)



「お正月 イラス...」の画像検索結果












日ざしはあっても風が冷たい、この季節。
恒例の神社の秋の祭礼の時期。


こちらでの「フラ」・・・
もう何回させていただいたのだろう。


・・・思い返してみたら、8回だった。




今回もいつものように瞬時に気持ちを切り替え
物語に集中する。


3~5分、みじんたりとも気をそらさずにね。





♪夢は今もめぐりて・・・
 私は何をつたえられるだろうか・・・♪





踊り始めてまもなく!


dFSpUoEo6UjGvtN1478150320_1478150336.jpg

舞台へ置いていただきました。


もうすでに胸がぐっときてしまいます。



秋の冷たい風の吹く日で、
舞台を見ている人たちはみんな肩をすぼめています。
縁日で並んだお店や、食べ物のコーナーには
人が行ったり来たりしています。





周りがどんな状況であろうと、私は物語に集中です。
これもいつものように♪




やがて、あたりが一瞬ぴったりと止まりました。
寒そうにしていた皆さんもなぜか止まっています。


私もいつもより皆さんの姿がよく感じとれます。


すごくひとつになったような瞬間でした。



・・・

何千人の前で踊ったことも、
野外で気持ちよく踊ることも、
手拍子の中、賑やかに踊ることも、
冷たい雪の中で踊ったことも、
ハワイの空気の中で踊ったことも、

いろいろあってどれもこれも思い出だけど、




最近思います・・・





あまり興味がないのか、心がないのか
よくわからないけれど、


しらっとして見ている、大勢の人の前で踊るより
たとえ数人でも、あたたかく見てくれる人に伝えたいな・・・と。




・・・

ずっと前に母から言われました。


たとえば、数人しか見ていなくても
その中にたった一人でも「フラ」を知っている人が
見ているかもしれない。


その人は、厳しい目で見ているんだよ。


何百人でも数人でも
いつでもきちんと踊らないとだめだね。


・・・とか、





なんか・・・
みんな・・・

・・・偉くなっちゃうんだよね・・・長くなると・・・


と、ふっともらした言葉を私は聞き逃しませんでした。





私は、数人の前でもきちんと踊るし
長くなっても、偉くならない・・・と、
あらためて思ったのでした。



と!思えるのも!

歳をとってま~るくなったからだけど(*´з`)






・・・

神聖な場所での舞は、
ふといろいろなことを考えさせられるのでした。


普段は『ヘ~ィ!』とか言いながらフラってるけどね(^^;



フラへの思いも、都度変化します。